教育実践高度化専攻(教職大学院)

教育実践高度化専攻(教職大学院)では、学校の組織力向上と信頼構築に貢献できる管理職人材、授業力・学級経営力・問題解決力等の高度な実践的指導力を備えた若手人材を養成します。設置するコースは、主として現職教員を対象とする「リーダーシップ開発コース(定員5名)」、学卒者や現職教員及び臨時的任用教員を対象とする「教育実践開発コース(定員10名)」の2コースです。

愛媛大学教職大学院では、研究者教員・実務家教員・連携協力校が三位一体となった指導を展開することで、受講者の職能成長を促進し、各自のキャリア・アップを全面的に支援します。 教職大学院修了者には、教職修士(専門職)の学位が授与されます。修士論文ではなく、実践研究報告書の作成が修了要件に含まれます。また、幼稚園・小学校・中学校・高等学校教諭の一種免許状の取得者は、所定の単位を修得することによりそれぞれの校種・教科の専修免許状を取得することができます。

リーダーシップ開発コース
リーダーシップ開発コースは、学校・地域を取り巻く複雑な諸問題の解決を図り、児童生徒の確かな成長を、効果的な職員間の協働体制(組織力)と、学校・家庭・地域の連携体制及び相互信頼醸成(信頼構築)を通して保障する「リーダーシップ」を有する学校管理職の育成を目的としています。学校管理職を目指す主任職経験者等の教職経験者を対象とし、学校経営の立場から教育に貢献する意思を持つ人を求めています。
教育実践開発コース
教育実践開発コースは、学級・学年・学校を取り巻く複雑かつ多様な諸問題の解決を図り、児童生徒の確かな成長のための高度な「実践的指導力」を育成します。現職教員においては、ミドルリーダーとして様々な問題を組織的に解決し、また、個々の授業力を学校全体で組織として高める「組織力」を醸成できる教員の育成を目的としています。教員免許状を有している学部新卒者、臨時的任用教員、10年から20年程度の教職経験を有する現職教員を対象とし、将来学校現場の中核として活躍する意欲を有する人を求めています。
ページアップ
愛媛大学

ホーム

概要

学部紹介

大学院紹介

附属学校園

教育・研究活動

入学情報

受験生の方へ

地域・一般の方へ

教育関係者の方へ

在学生の方へ

卒業生・保護者の方へ

教職員向け情報(学内限定)

English

アクセス

お問い合わせ

愛媛大学