教科教育専攻

教科教育専攻は、〈人文社会科学コース〉〈自然科学コース〉〈生活健康科学コース〉〈芸術コース〉の4コースがあります。いずれのコースも、多様な形態の授業によって各自の問題意識を深めることで、教育実践の場において教育研究の推進者となりうる教科指導に関する高度な実践力のある指導者の育成を目的としています。さらに、教科のみならず、道徳、特別活動、総合的な学習等の教科外活動における専門的知識を有する、総合的な実践力の育成を目指しています。これまでの活動経験に基づいた専門分野への理解と関心をもち、教育実践の場で活躍したいという意欲を持っている人、教育現場での問題を解決するための実践的研究能力を高めたい人を求めています。

人文社会科学コース
国語教育領域
遼寧師範大学の留学生とともに『竹取物語』を読む大学院生
思考や感性の基盤となる言葉の力をつける国語科の教育のために必要な資質・能力を身につけます。国語科授業の在り方を考究する国語教育学と、教科を支える内容学としての日本語学、日本近代文学、日本古典文学、漢文学、書写・書道教育を専門とする教員が指導にあたります。
社会科教育領域
大学院生合同研究室
社会科教育領域では、社会科の基礎となる地理学、歴史学、経済学、法学、政治学、社会学、倫理学・哲学の専門的研究と社会科教育の理論的研究を行い、社会科教員として必要な研究能力と教育実践力の向上を図ります。複数教員による懇切な指導を行っています。
英語教育領域
講義では、英語教育学・英語学・英米文学の分野において専門書や論文を講読し、基本的な知識を習得します。少人数精鋭のクラスなので、常に活発な質疑があり、それに対して詳細な解説が与えられます。在籍する中学校・高等学校の現職教員は、自らの教育的技能を向上させるために、理論から実践への応用の可能性について議論を展開します。修士論文では、興味・関心に基づいてテーマを設定し、多角的に研究を行います。
自然科学コース
数学教育領域
学部で学んだ内容を発展させ、考察する大学院生(教材の開発と実践の一コマ)
教科内容を講じる専門分野としての代数学、幾何学、解析学の3分野及び教科教育の専門分野である数学科教育の4分野から構成されています。各分野における研究を基礎としながら、附属学校等との共同研究などを通して、数学科教育の理論的探究と実践的能力の育成とを図っています。
理科教育領域
地域の河川調査を学部生に教えながら学ぶ
自然に対する好奇心・探究心をもち、自然科学諸分野の教育・研究に関する基本的な専門知識及び技能を有する人を求めます。専門書や論文の輪読、演習や実習、授業に関する多面的な構想や分析を通して、理科教育に関する理論的・実践的・開発的な研究能力と実践力を養います。
技術教育領域
技術教育院生研究室
技術科教育とその関連分野に関する専門的知識を基礎として、技術教育の教育内容を幅広く捉え、教材の開発、授業の設計・実践及び評価方法などの研究を行い、教育実践力と教材開発能力を備えた人材の育成を目指します。
生活健康科学コース
保健体育領域
小学校体育の授業実践
体育、スポーツ、健康に関わる諸問題について、保健体育科教育、体育学、運動学、学校保健の各専門分野から多角的に学修します。高度な専門的知識を有し、科学的思考ができる実践的指導者を養成することを目的としています。
家政教育領域
家庭科の実験授業を高校で行う大学院生
人間の発達・成長と家族、福祉、衣食住などの「資源」「環境」と「人」との相互作用について、家庭科教育、食物学、被服学、住居学、保育学の5つの専門分野から多面的に研究します。講義、演習、実験、実習、教育現場でのフィールド活動などを通し、家庭科教員として必要な専門的知識と教育実践力を高めます。
芸術コース
音楽教育領域
音楽創作表現の探究
音楽及び音楽科教育に関して、高度な専門的技能と知識をもった人材の養成を目的としており、音楽科教育・声楽・器楽(ピアノ/管楽器)・音楽デザインの専門分野の研究とともに、大学院生の研究に各分野からも援助を行い、幅広い視点から研究が進展できるようにしています。
美術教育領域
修士論文構想発表
美術及び美術教育に関して、美術科教育、絵画、デザイン、 彫刻、工芸、美術理論・美術史の専門的研究と理論的実践的研究を行い、美術全般にわたる教育的能力の深化を図り、教育の質的向上と芸術・文化の進展に貢献出来る人材の育成を目指します。
ページアップ
愛媛大学

ホーム

概要

学部紹介

大学院紹介

附属学校園

教育・研究活動

入学情報

受験生の方へ

地域・一般の方へ

教育関係者の方へ

在学生の方へ

卒業生・保護者の方へ

教職員向け情報(学内限定)

English

アクセス

お問い合わせ

愛媛大学