附属中学校

 愛媛大学教育学部附属中学校は愛媛師範学校の附属中学校として昭和22年(1947年)4月に創立され,昭和38年3月に現在地に移転しました。松山城の東に位置した旧制松山高等学校跡であることから,キャンパス内には年を経たイチョウ,クスノキ,ケヤキなどの大木が多く,落ち着いた環境の学校です。 現在の学校規模は,学級数12学級,生徒数は約480名,教官23名です。春の青葉写生会・附中祭,夏の大洲宿泊訓練・石鎚登山・沖縄修学旅行,秋の学習成果発表会,冬のスキー実習など多種多様な行事が行われています。これらの活動を通して「1 真理と正義の追求」「2 勤労と責任の尊重」「3 健康な心身の鍛練」を校訓に掲げ,勉学に励んでいます。 例年,5月末に研究大会を開催しており,平成15年研究年次からは「協働的な学びの創造」を研究主題に実践研究に取り組んでおります。

ページアップ
愛媛大学

ホーム

概要

学部紹介

大学院紹介

附属学校園

教育・研究活動

入学情報

受験生の方へ

地域・一般の方へ

教育関係者の方へ

在学生の方へ

卒業生・保護者の方へ

教職員向け情報(学内限定)

English

アクセス

お問い合わせ

愛媛大学