学習指導・教科教育等に関するもの
支援内容 紫カイワレ大根を用いたアントシアニンの抽出実験
教員名 大橋 淳史
研究領域 化学
支援概要  アントシアニンを,自ら育てた植物から抽出して実験に用いることが本実験の特徴です.生物と化学の連携領域として,また振り返り学習として,小学校~高校まで用いることが可能です.  小学校~高校まで行われる酸とアルカリの性質を調べる実験において,新しい呈色指示薬として提案されているものに「アントシアニン」があります.この試薬はpHによって多彩な色を示すこと,また私たちの身近な植物から抽出できることが特徴です.紫カイワレ大根は,アントシアニンを含み,かつ約10日で栽培できる簡便で優れた植物です.例えば小学校では,栽培の振り返り学習を行いつつ,水溶液の性質で用いることが可能です.
連絡先 ohashi.atsushi.mu@ehime-u.ac.jp
対象 小学校~高校
スタイル 出前授業もしくは教材提供
備考
ページアップ
愛媛大学

ホーム

概要

学部紹介

大学院紹介

附属学校園

教育・研究活動

入学情報

受験生の方へ

地域・一般の方へ

教育関係者の方へ

在学生の方へ

卒業生・保護者の方へ

教職員向け情報(学内限定)

English

アクセス

お問い合わせ

愛媛大学