専門的内容等に関するもの
支援内容 ICTを使って分子について実感しよう
教員名 大橋 淳史
研究領域 化学
支援概要 化学という学問の根幹は,原子および原子と原子の間の電子の受け渡しです。これだけ理解できれば化学という学問は理解できます。化学者は,この「目に見えない」原子同士の相互作用を「みる」ことができます。化学者の頭の中では,原子や分子は実に活き活きと飛び回り,ぶつかったり離れたり,光を吸収したり放出したりします。また,化学者は分子の構造から,その性質を予測することもできます。そして,化学者は,頭の中で化学反応をイメージして,この世界には存在しない,新しい機能を持つ物質を創造します。つまり,化学が「わからない」と思う大きな理由は,この化学者のもつイメージを共有できないためなのです。そこで,iPadのアプリを使って,化学者の頭の中で,物質がどのように見えているのかを学ぶための学習モデルの開発を行っています。小学生を対象にした化学反応探し,中学校を対象にした原子と分子,高校を対象にした分子構造など,校種によって実施内容は異なります。
連絡先 ohashi.atsushi.mu@ehime-u.ac.jp
対象 小学校,中学校,高校
スタイル 出前授業もしくは教材提供
備考
ページアップ
愛媛大学

ホーム

概要

学部紹介

大学院紹介

附属学校園

教育・研究活動

入学情報

受験生の方へ

地域・一般の方へ

教育関係者の方へ

在学生の方へ

卒業生・保護者の方へ

教職員向け情報(学内限定)

English

アクセス

お問い合わせ

愛媛大学