• Top
  • 新着情報
新着情報
教育学部で佐藤一郎ダイキ株式会社社長が講義
2009/07/13
 平成21年7月9日(木)に,教育学部大講義室で,第2回「魅力的な話し方講座」が開催され,佐藤一郎ダイキ株式会社社長が,学生を前に熱弁を振るわれました。


 この講座は,同窓生を中心に多方面から学生に対する支援をお願いする『教育学部サポーター制度』の取り組みとして今年度からスタートしました。
 第2回となる今回の講座には,愛媛大学教育学部を昭和56年に卒業し,小学校教諭の経験をお持ちの佐藤一郎ダイキ株式会社社長をお招きし,「組織のリーダー」の立場から,学校教育と企業教育の違いや,社会人基礎力の中のコミュニケーションについて,約90名の学生を前にご講義いただきました。
 講義のなかで,学校教育は,生徒は教師を超えることはできないが,企業教育は,教師(上司)を追い超す自己開発力,自己育成能力を教えることであること,さらに,手順と制約条件と必要能力,つまり結果ではなく,How Toを教えることにより,人が育つものであることを強調されました。
 また,企業におけるコミュニケーションには相互依存と主体性が必要であり,相互依存による信頼関係はローコストで,1+1=3以上の相乗効果が生まれること,主体性とは,感情だけで反応するのではなく,自分の価値観に基づき反応を選択し,対応することであり,自分で反応を選んだ時に,自己責任が生まれるといった話をされました。
 さらに,数値とコミュニケーションすれば計算は楽になるとして,「暗算が早くラクにできる10の知恵」や,経営者が書いた本の中身を数値化・公式化することにより物事を量的に考えることの大切さを,具体例を提示しながら紹介されました。
 参加した学生は,組織のリーダーとして第一線で活躍されている佐藤社長の熱弁に,熱心に耳を傾けていました。
 この「魅力的な話し方講座」は,今年度中にあと1回実施する予定です。

講師の佐藤一郎社長

講義の様子

ページアップ
愛媛大学

ホーム

概要

学部紹介

大学院紹介

附属学校園

教育・研究活動

入学情報

受験生の方へ

地域・一般の方へ

教育関係者の方へ

在学生の方へ

卒業生・保護者の方へ

教職員向け情報(学内限定)

English

アクセス

お問い合わせ

愛媛大学