• Top
  • 新着情報
新着情報
平成21年度第3回教育学部カリキュラムシンポジウム報告
2009/11/02
平成21年10月30日(木)午後4時半から、教育学部会議室において、平成21年度第3回教育学部カリキュラムシンポジウム―カリキュラムマップ作成のワークショップ(2)―を開催しました。教育学部教育コーディネータの主催で、教務委員をはじめ学部の先生方が約20名参加されました。


司会進行は、教育コーディネータの日野克博先生が担当されました。冒頭、副学部長・教育コーディネータの山﨑哲司先生から、本年度の日本教育大学協会などの情報の紹介や、カリキュラムマップの完成を今年度中に目指していること、カリキュラムアセスメントを考えなければいけないことの話題提供がありました。


続いて、カリキュラムマップ作成に携わっている教務委員の先生方8名から現状の報告がありました。教育学部のディプロマポリシーの1から5までに現行のカリキュラムを当てはめ、さらに、1枚の用紙にまとめなればいけない大変さを感じることができました。


その後、質疑応答に入りました。「Webで公開されることを考えれば、色合いやデザインなど統一的にしないとおかしいのではないか」という意見や「平成22年度入学生から導入されるキャップ制について、カリキュラムの見直しをしなければいけないので、今後のスケジュールを教えてほしい」等、作業に当たっている先生方の率直な意見が述べられました。


最後に学部長から、「従来ばらばらであったものを初めて体系的にしようとしている。教務委員の先生も所属の講座に説明するときにたいへんだと思う。摩擦がいろいろあることは理解するが、外圧的なものを内的な力に変えるよう、執行部としてもがんばりたい」という力強い励ましをいただきました。

シンポジウムの様子1

シンポジウムの様子2

ページアップ
愛媛大学

ホーム

概要

学部紹介

大学院紹介

附属学校園

教育・研究活動

入学情報

受験生の方へ

地域・一般の方へ

教育関係者の方へ

在学生の方へ

卒業生・保護者の方へ

教職員向け情報(学内限定)

English

アクセス

お問い合わせ

愛媛大学