• Top
  • 新着情報
新着情報
教育学部とルイジアナ大学モンロー校が学術交流協定を調印
2012/03/06
 平成24年(2012年)3月5日(月)、愛媛大学教育学部とルイジアナ大学モンロー校は、学術交流に関する協定書と学生交流に関する覚書を調印し、交流協定を締結しました。教育学部には久しく絶えていた欧米圏の大学との協定を結ぶこととなり、新しい地域との交流が可能になりました。

 ルイジアナ大学モンロー校は、アメリカ合衆国南部のルイジアナ州モンロー市にあり、5つの学部を有する大学です。その中の教育人間発達学部が今後の交流の中心になります。モンロー校では東アジアとの国際交流に力をいれようとしており、提携大学を探していたモンロー校と欧米の締結校を探していた教育学部の目的が一致し、協定の運びとなりました。

 調印式では、教育学部長の壽卓三氏とルイジアナ大学教育人間発達学部長のサンドラ・リモイン氏が協定書にサインをしました。式には、4月からの教育学部長の三浦和尚氏、本協定の中心的な役割を果たした富田英司氏やルイジアナ大学副学部長のティレインナトラージャン・シバクマラン氏、ルイジアナ大学モンロー校との共同研究に取り組んでいる白松賢氏・池野修氏・鴛原進氏らが参加されました。

 また、翌日の3月6日(火)には、愛媛大学学長の柳澤康信先生を訪問し、交流協定の締結や今度の両大学の交流に関する意見交換を行いました。

 今後の具体的な交流としては、研究面においては、Eポートフォリオや認証評価などのアメリカの教育システムについて学ぶこと等があります。また、学生交流にも力を入れ、教育文化視察を中心とした2週間程度の相互訪問や1年程度の交換留学を行う準備をしています。数年後には、アメリカでの教育実践活動も計画されており、愛媛大学の学生が英語を使用してアメリカの公立学校で、授業を行うようになる予定です。

 協定を契機に、教育学部では教育や研究の一層の充実を促進してまいります。

協定書にサイン後握手する、壽学部長とリモイン学部長

協定に関わった関係者の皆さん

ページアップ
愛媛大学

ホーム

概要

学部紹介

大学院紹介

附属学校園

教育・研究活動

入学情報

受験生の方へ

地域・一般の方へ

教育関係者の方へ

在学生の方へ

卒業生・保護者の方へ

教職員向け情報(学内限定)

English

アクセス

お問い合わせ

愛媛大学