• Top
  • 新着情報
新着情報
「国際的視点を有した教育人材を育成するフィリピン実習プログラム」報告会を開催しました
2013/02/26
 平成25年2月7日(木),教育学部403講義室で,「国際的視点を有した教育人材を育成するフィリピン実習プログラム」平成24年度成果報告会を開催しました。


 本学では,平成20年度より,フィリピン大学教育学部(学術交流協定締結校)と連携共同し,広く学部・大学院の学生を募り,英語を教授言語とした授業を計画し,フィリピンにて実践する教育プログラムの開発・実践を行っております。
 本年度は,20名の本学学生が1月12~17日の日程でフィリピンへ渡航し,フィリピン大学教育学部附属小学校や中学校で授業を行いました。         


 報告会では,実施責任者の教育学部 池野教授から「フィリピン教育実習プログラム」事業の概要説明があり、続いて、参加学生がグループ毎に授業の準備の過程や現地での実践紹介,感想などを含めた報告を行いました。
 実践した授業は,小学校3年生社会(フィリピンと日本の昔話),3年生理科(車とゴムを用いた実験を通して学ぶ弾性エネルギーと運動エネルギー),6年生算数(様々な四角形の比較・分類を通して学ぶ集合論),6年生社会(フィリピンのゴミ問題に対する取組み),7年生(中学校1年生)家庭科(機能的な衣服の類型)でした。


 学生による報告発表の後には,フィリピン大学教育学部 アメリア・ファハルド先生による「フィリピン教育実習2013の評価(成果と課題)」と題する講演がありました。
 アメリア先生は、「フィリピン教育実習プログラム」に参加した学生への事後指導やフィリピン大学からの留学生との話し合い,フィリピン教育実習に関わっている教員との研究や交流に関する話し合いなどを行うため,2月6~8日の日程で来学されました。
 講演では,今後もこのプログラムを行うことにより,国際的な視野を有した教育人材の育成に貢献し,またフィリピン大学教育学部との交流を活性化することができると期待を寄せられました。

参加学生による現地授業実践報告

参加学生による現地授業実践報告

ページアップ
愛媛大学

ホーム

概要

学部紹介

大学院紹介

附属学校園

教育・研究活動

入学情報

受験生の方へ

地域・一般の方へ

教育関係者の方へ

在学生の方へ

卒業生・保護者の方へ

教職員向け情報(学内限定)

English

アクセス

お問い合わせ

愛媛大学