• Top
  • 新着情報
新着情報
平成25年度 第1回 愛媛大学教育学部合同研修会が開催されました
2013/05/13
 平成25年5月2日(木)午後3時から,愛媛大学教育学部合同研修会が教育学部で開催されました。教育学部および附属学校園の教職員約200人が集まりました。愛媛大学教育学部合同研修会は,「愛媛大学教育学部(以下「学部」という。)及び附属学校(園)の合同研修によって,教員養成学部としての使命の達成に貢献することを目的とする」(同規程第2条)研修会です。その規程は昭和29(1954)年に制定され,毎年,教育学部と附属学校園の教職員での研修を進めてきています。本年度第1回は,全体会と研究部会,懇親会が行われました。

 全体会は教育学部大講義室で開催されました。合同研修会会長である三浦和尚学部長のあいさつの後,学部・附属学校園に新たに着任された先生方の紹介がありました。その後,「学部と附属学校園の共同研究について」のテーマで3つの発表とそれらについての協議がなされました。
 ①「質の高い教員養成の基盤となるデータ蓄積体制の構築:愛媛大学教育学部教職IRの試み」と題して,富田英司先生が継続的に調査されている教職に対する意欲と影響,その要因などについて,途中経過を発表されました。
 ②「「総合的な学習の時間」の総合的研究と学生への教育」と題して,鴛原 進先生が,教育学部長裁量経費を使用して行った研究と講義の概要を発表されました。
 ③「附属学校園の研究」と題して,各附属学校園の研究部長が,今年度からの研究テーマの概要を発表されました。

 研究部会は,全体会終了後,教育学部内の教室等で開催されました。14の研究部(教育経営(道徳・特活),国語,社会,数学,理科,生活科・総合的学習,音楽,美術,保健体育,技術・家庭,英語,幼児教育,特別支援教育及び養護)に分かれて,学部と附属学校園との更なる連携協力,附属学校園の研究主題に関連した共同研究の方向性,教育実習の状況や学生の状況,教育界の動向等についての意見交換をしました。

 最後に,大学会館にて懇親会が開かれ,和やかな雰囲気の中で,更なる親交を深めました。
ページアップ
愛媛大学

ホーム

概要

学部紹介

大学院紹介

附属学校園

教育・研究活動

入学情報

受験生の方へ

地域・一般の方へ

教育関係者の方へ

在学生の方へ

卒業生・保護者の方へ

教職員向け情報(学内限定)

English

アクセス

お問い合わせ

愛媛大学