• Top
  • 新着情報
新着情報
《科学イノベーション挑戦講座》「人類の役に立つ薬の合成に挑戦する」を開催しました。【10月19日】
2013/10/31
 平成25年10月19日(土),教育学部2号館2階理科学生共同実験室3で,《科学イノベーション挑戦講座》第4回講座「人類の役に立つ薬の合成に挑戦する」を開講しました。

 本事業は,科学技術振興機構次世代科学者育成プログラムメニューB採択事業であり,中学生を対象とした,次世代を担う科学者を養成するものです。
今回は教育学部理科教育専修の大橋准教授が,「人類の役に立つ薬の合成に挑戦する」の講義を行いました。
 
 科学の発展が人類に与えた影響はたくさんありますが,薬の合成ほど人類のQOL(クオリティーオブライフ,生活の質)に大きな影響を与えたものはないでしょう。人類の平均寿命が70歳代まで飛躍的に向上したのは,薬によって多くの命が救われるようになったからです。
本講義では,これらの薬のうち,もっともたくさん売られた鎮痛剤である,アスピリンの合成を行いました。
 アスピリンはサリチル酸から簡単に合成できます。化学式としても,サリチル酸の水酸基をアセチル基で保護するだけです。


 しかし,目に見えない分子の構造は,ほんとうにこのように変化しているのでしょうか。科学者は分子構造を見れば分子の性質を予言できるのはなぜでしょうか。
講義では,分子の構造について理解を深めるために,分子模型を用いて,図ではそっくりなベンゼンとシクロヘキサンの違いを体感しました。
そして,分子模型を用いてペットボトルの原料であるポリエチレンテレフタレートを製作し,分子構造と性質について考えました。


 目に見えない分子構造を『想像の力』で補うことができたとき,私たちのこの世界がまったく違って見えることを受講生は,分子模型の制作やと合成を通して感じ取ることができました。

 次回の科学イノベーション挑戦講座は,11月9~10日に東京で開催される「全国受講生研究発表会」に参加する形で開催されます。なお,受講生5人がポスター発表「環境と生命の関連性に挑戦する」と「DNAの抽出に挑戦する」の2件を行います。
それ以後は,12月14日,1月5日,1月11日の予定です。

 
★科学イノベーション挑戦講座のサイトができましたので,是非ご覧ください。
 http://ehime-u-sciencecourse.jp

受講生全員で製作したポリエチレンテレフタレートの分子模型

再結晶の様子(氷水で結晶が出てくる様子を観察中)

ページアップ
愛媛大学

ホーム

概要

学部紹介

大学院紹介

附属学校園

教育・研究活動

入学情報

受験生の方へ

地域・一般の方へ

教育関係者の方へ

在学生の方へ

卒業生・保護者の方へ

教職員向け情報(学内限定)

English

アクセス

お問い合わせ

愛媛大学