• Top
  • 新着情報
新着情報
教育学研究科の大学院生が学部授業で藍の抜き染め実践を行いました。【11月15日(金)】
2013/12/05
 平成25年11月15日(金),愛大GP「伝統の継承プログラムを通したグローカルマインドの育成」事業として,本事業の推進リーダーである教育学研究科2年の段王里菜さんが,「理科教育法Ⅰ」(実験実習)授業で藍染めと抜き染めを使った伝統への興味・関心を高める実践を行いました。

 本事業は,本学が支援する教育改革促進事業(愛媛大学GP)で,今年度採択されたものです。忘れられようとしている地域の伝統を復権する作業を通して,自らの来歴を知り,伝統に立脚した人格を育成して,世界に通じるグローカルマインドを持つ人材を育成することを目的としています。
 愛媛県の伝統の織物に「伊予絣」があります。伊予絣は,藍染めを用いた織物で,明治36年には絣の全国生産量1位になり,愛媛県は伊予絣を通じて全国に知られていました。しかし現在,愛媛県を含む四国で藍染めは衰退しており,藍染めを知らない子どもたちが増えています。
 そこで,本事業では,伝統の継承プログラムを通じて,地域の一員として自覚と誇りを持って行動し,目的達成のために多様な人と協働する,グローカルマインドをもった次世代を担うリーダーとなる人材を育成することを計画しました。

 当日は,教育学部生21人を対象に,木綿ハンカチの藍染めと染めたハンカチを使った抜き染めの2つの実践を行いました。藍染めは理科との関わりが深く,高校化学の教科書でも取り上げられています。そのため,中等教育課程の理科教員を目指す学生に適した教材です。
 藍を化学的視点から考えるために,事前学習資料を配付して,化学工業の歴史から,その大きな転換点となったバイヤーによるインジゴ(藍)の合成法の開発とBASF社による工業的合成法の確立について予習しました。そして,藍の分子構造と酸化還元による分子構造変化,および酸化剤である次亜塩素酸による藍の分解反応,高分子繊維の分子構造と藍の染色について解説した後,藍染めと抜き染めの実験を行いました。
 藍は水に溶けませんが,染めるためには水に溶ける必要があります。そこで,藍をハイドロサルファイトナトリウムによって還元し,ロイコインジゴにします。ロイコインジゴは水に可溶で,黄色をしています。木綿ハンカチを藍染めすると,染液から引き上げた直後のハンカチは黄色ですが,空気酸化によって藍色に染まっていきます。これに伴い,表面には藍の粉が析出します。これを洗い流すことで,藍は水に溶けないことを再確認し,藍染めは酸化還元反応であることを学習します。
 木綿ハンカチはグルコースの高分子であるセルロースです。高分子は頑丈な構造をもつと考えがちですが,実際には「硬い」結晶質の部分の間に「やわらかい」非晶質部分が存在します。藍はこの部分に入り込んでいるため,簡単には色落ちしないのです。このように藍染めを通して酸化還元や分子構造について学習しました。
 藍染めしたハンカチを乾した後に,抜き染めの「型」となる切り絵作りをしました。学生は,思い思いの切り絵をカッターで切り取り,乾かした木綿ハンカチの上に切り絵を載せて,キッチンハイターを使って抜き染めしました。抜き染めでは次亜塩素酸を使って,藍を脱色します。この脱色反応は分解反応であり,次亜塩素酸の酸化反応,藍の分子構造と電子密度による色などを学習しました。途中の休み時間も実験を続けて2コマの講義時間をいっぱいに使って,学生は抜き染めしたハンカチをつくり,お土産として持って帰りました。
 本講義を通じて,地域の一員として自覚と誇りを得て,伝統について想いを巡らせる機会を持てたと思います。学生には,知識を教えるだけでなく,地域や生活との関わりを重視する理科教員として育っていくことを期待しています。

 なお、実践後に,学生から伝統の継承について以下のような意見を得ました。

学生 A:「普段なかなか触れることはないが,実践するとおもしろく,とても良い機会だと思いました。」
学生B:「実際に行うことは,伝統について理解する上で,とても役に立つと感じた。このように実践していかなければ,伝統の継承は難しいだろうと感じたため,どんどん機会を持ち,多くの人々にふれてもらうべきだと考える。」
学生C:「実際に藍染めを行ってみて,とても楽しかった。近年ではどんどん様々なものが便利になり,伝統文化が伝わらなくなってきているので,教育現場でも伝えていければいいと思います。」
学生 D:「伝統の継承には,その地域の人が,その伝統について知ることが必要であると考えた。」
 

布の染まり具合を確認中

抜き染め剤を洗い流して乾かせば完成!

ページアップ
愛媛大学

ホーム

概要

学部紹介

大学院紹介

附属学校園

教育・研究活動

入学情報

受験生の方へ

地域・一般の方へ

教育関係者の方へ

在学生の方へ

卒業生・保護者の方へ

教職員向け情報(学内限定)

English

アクセス

お問い合わせ

愛媛大学