• Top
  • 新着情報
新着情報
教育学研究科と教育学部の学生グループが松山市立久枝小学校で藍の抜き染めを行いました【3月6日(木)】
2014/03/13
 平成26年3月6日(木),愛大GP「伝統の継承プログラムを通したグローカルマインドの育成」事業として,教育学研究科2年の段王里菜さんをリーダーとする学生グループ13人が,松山市立久枝小学校で藍の抜き染めを使って「二分の一成人式」の記念品制作を行いました。

 本事業は,本学が支援する教育改革促進事業(愛媛大学GP)で,今年度採択されたものです。忘れられようとしている地域の伝統を復権する作業を通して,自らの来歴を知り,伝統に立脚した人格を育成して,世界に通じるグローカルマインドを持つ人材を育成することを目的としています。
 愛媛県の伝統の織物に「伊予絣」があります。伊予絣は,藍染めを用いた織物で,明治36年には絣の全国生産量1位になり,愛媛県は伊予絣を通じて全国に知られていました。しかし現在,愛媛県を含む四国で藍染めは衰退しており,藍染めを知らない子どもたちが増えています。そこで,本事業では,伝統の継承プログラムを通じて,地域の一員として自覚と誇りを持って行動し,目的達成のために多様な人と協働する,グローカルマインドをもった次世代を担うリーダーとなる人材を育成することを計画しました。

 本実施は,昨年度に引き続き,久枝小学校からの提案で実施するもので,10歳になる4年生の「二分の一成人式」の記念品を制作するため,4年生児童131人が藍染めした木綿ハンカチに手形の抜き染めを行いました。
 当日は,久枝小学校の三木淳史教諭と,本学教育学研究科2年の段王里菜さん,教育学部4回生の上杉香織さん,味呑耕平さん,和田敬行さん, 3回生の石田真理さん,泉川恵美さん,小倉一哲さん,坂本捷彰さん,中野徹さん,藤田理央さん,法文学部1回生の大柳美優さんが協働して実施しました。また,フィリピンから本学部に留学されているグレッグ・タビオス・パウイレンさん,ジョエル・ベルナール・ファウスティーノさん,アイリン・グバンティス・デェラクルズさんの3人も一緒に参加し,日本の伝統文化に触れました。
 抜き染めは,久枝小学校の児童が事前に制作した名前と日付の切り絵,本学部の学生グループが染色した藍染めハンカチ(27 cm×27 cm),でんぷん糊と片栗粉,台所用漂白剤で調整した抜き染め剤を使用して行いました。児童は,抜き染め剤を塗った手のひらをハンカチに押しつけて手形をつけ,切り絵を使って名前と日付を抜き染めしました。続いて,いったんドライヤーで乾かしてから水洗いを行い、室内に干して抜き染めを完成させました。
 児童からは「最初は糊(抜き染め剤)を塗るのは気持ち悪いと思ったけど,やってみたらきれいに色を抜くことができて楽しかった」「大学生の人たちが丁寧に指導してくれて楽しかった」などの感想があり,藍染めを使った記念品製作は良い思い出になったようです。
 本事業を通じて,学生は小学校の先生方と協働し,児童の地域への愛着を達成することで,地域の一員として自覚と誇りを得,グローバル化やグローカルマインドについて大きな知見を得ることができました。そして,来年度に向けて多くの実りのあった実践になりました。

 本事業は,朝日新聞(2014.03.08),愛媛朝日放送(2014.03.06スーパーJチャンネル第2部),愛媛新聞(2014.03.06)で報道されました。

 本事業は次回3月21日に子ども放課後支援事業「ほりえゆめくらぶ」の卒業記念品製作で藍の抜き染めを行う予定です。

ハンカチに手形をつけています

乾かした後洗ったら完成です

ページアップ
愛媛大学

ホーム

概要

学部紹介

大学院紹介

附属学校園

教育・研究活動

入学情報

受験生の方へ

地域・一般の方へ

教育関係者の方へ

在学生の方へ

卒業生・保護者の方へ

教職員向け情報(学内限定)

English

アクセス

お問い合わせ

愛媛大学