• Top
  • 新着情報
新着情報
教育学研究科教職大学院小田正志特命教授の最終講義が行われました【1月30日(火)】
2018/03/09
平成30年1月30日(火)、教育学研究科教職大学院小田正志特命教授による最終講義が行われました。小田先生は、愛媛県伊予郡砥部町立砥部小学校を退職後、愛媛大学教育学部に特命教授として着任され、教職大学院の開設時から本学の教育、研究、運営に尽力されました。
最終講義は、「私の実践してきた人材育成~サーバント・リーダーを目指して~」というタイトルで行われました。まず、小田先生ご自身が教師を目指すことになったきっかけである恩師との出会いに始まり、人材育成を竹の成長になぞらえて、目に見える成長だけではなくしっかりと地面に根を張ること、OJTとOFF-JTの機会をそれぞれ活かすことの必要性について述べられました。次に、副題にもあるサーバント・リーダーシップや年代別の学びの指標とも言うべきVSOP(20歳代・Variety、30歳代・Specialty、40歳代・Originality、50歳代・Personality)というアイディアについても披露されました。
後半の講義では、愛媛県中予教育事務所長時代に年代別・対象者別にどのような研修を行ってきたのか、研修対象者にどのようなメッセージを伝えることを目的としていたのかについて振り返り、実際の研修資料も交えながらお話しされました。参加者一人ひとりに語りかけるようにお話になる先生の姿が所長時代を彷彿させました。
会場には、愛媛大学教職大学院の院生や教員に加えて、教員採用試験で小田先生から指導を受けた学部学生、松山市教育研修センターの方々も参加され最終講義に聞き入りました。
最終講義の後には、指導学生からの花束贈呈やこれまでの指導に対する感謝の言葉が送られました。講義終了後、小田先生との記念写真の撮影を希望する学生の列がいつまでも絶えないことが印象的でした。

最終講義の様子

院生たちに囲まれて

ページアップ
愛媛大学

ホーム

概要

学部紹介

大学院紹介

附属学校園

教育・研究活動

入学情報

受験生の方へ

地域・一般の方へ

教育関係者の方へ

在学生の方へ

卒業生・保護者の方へ

教職員向け情報(学内限定)

English

アクセス

お問い合わせ

愛媛大学