• Top
  • 新着情報
新着情報
教育学部で同窓生の和泉明子さんによる特別講義を開催しました【11月28日(木)】
2019/12/11
 令和元年11月28日(木)、教育学部卒業生、design company MIDORIYA代表、 a lot of OPTiONS主宰の和泉明子(いずみ あきこ)さんを講師にお迎えし、特別講義「障がいのある方が生み出すアートを商品に ~ブランド立ち上げの経緯から展示即売会開催への軌跡~」を開催しました。講義は共通講義棟A11講義室で行われ、教育学部生約150人が聴講しました。
 和泉さんは、本学教育学部(中学校教員養成課程美術専攻)を卒業後、地元印刷会社に就職し、24歳で独立後、design company MIDORIYAを設立されました。グラフィックデザイナーとして地元愛媛で活動するなかで、本年、障がいのある方のアートをサポートするブランド a lot of OPTiONSを立ち上げ、障がい者アートの商品化に取り組んでいらっしゃいます。
 講演の中では、ご自身の「人生グラフ」をお示しなさって、学生時代のことや、就職活動のこと、現在の仕事に至までの軌跡を、学生たちにわかりやすくお話しいただきました。また、ご自身がなさっているデザイナーを「いろんな人をつなぐ人」と説明されました。そのお仕事の中で、就労支援B型事業所と出会い、「みんなも楽しくそしてお金になる方法」として、「グラフィックデザイナーがブランドを作る」ことを思いつかれたそうです。商品化のためのクラウドファンディングへの決意、その反響、展示会への軌跡を、スライドや画像や商品を示しながら教えていただきました。
 講座では、商品の説明などもしていただくとともに、聴講している学生たちに質問の時間をとっていただき、双方向の「みんなも楽しい」時間を提供してくださいました。
 聴講した学生からは、「人生の中で何が転機になるか分からないため、一つ一つの機会を大切にし、思い切ってやってみることの大切さを学びました。」「アートに障がいは関係ない」ということばや考え方に共感しました。」「介護等体験で障がいのある方とコミュニケーションをとった中で、独創的なアイデアだったり、几帳面に絵を描いていたりしたのが印象的でした。そのこととアートがつながりました。」「スライドの人たちの笑顔をみて、とても素敵な仕事をされているなと思いました。自分も、他人を笑顔にできる仕事をしたいです。」などの感想がありました。
 この講座は、同窓生を中心にして多方面から学生に対する支援をお願いする『教育学部サポーター制度』の取組の一環として平成21年度からスタートし、今回で19回目になります。ご講演に先立って、和泉さんには、「教育学部サポーター」の辞令が学部長より手渡されました。教育学部では、この教育学部サポーター制度にもとづく特別講義などを通して、学生の学びを支え、地域の人材育成の核となる質の高い教員養成に取り組んでいきます。

辞令交付後の記念撮影

講演の様子

講演の様子

ページアップ
愛媛大学

ホーム

概要

学部紹介

大学院紹介

附属学校園

教育・研究活動

入学情報

受験生の方へ

地域・一般の方へ

教育関係者の方へ

在学生の方へ

卒業生・保護者の方へ

教職員向け情報(学内限定)

English

アクセス

お問い合わせ

愛媛大学