在学生に聞きました
学校教育教員養成課程
国語教育
3回生
Nさん

一日のスケジュールは?
時間割は?
3回生の前期までは毎週14コマの授業を履修していました。3回生の後期は一週間に7コマしかありませんでしたが、専門性が高く、授業外の時間に研究や話し合い活動を行いました。
  前期 後期
1回生 10コマ 14コマ
2回生 14コマ 14コマ
3回生 14コマ 7コマ
Q.キャンパス周辺の住環境は?
松山はどこも住みやすいと思います。また、愛媛大学は愛媛県の都市部に位置するため、自転車があれば、映画館のある衣山や繁華街である銀天街・大街道や松山市駅にもすぐに行けます。
Q.生活費はどれくらいですか?
光熱費は1万円前後、下宿の家賃は5万円程度でした。
Q.大学生活で大変なことは?
掃除や自炊に慣れておらず、最初はなかなか出来ませんでした。
Q.アルバイトは?
飲食店、塾のスタッフ、結婚式の司会、ティッシュ配り…など様々に行いましたがどれも高校までに体験したことのない新鮮な経験で面白かったです。現在は、夜にしっかり休息を取るために、お昼にカフェのアルバイトをしています。 アドバイスになりますが、飲食店のアルバイトを希望する際は、一度どういった所かを下見に行くことをお勧めします。
Q.サークル活動は?
1回生の時に「ちょーけん」と呼ばれるろくろを回して器を作るサークルに入っていました。自分が作った器が文化祭の時に売れた時は嬉しかったです。 その他に、サークルではないですが、生協の団体で新入生のためのパソコンの講座を作り、自分達で運営する活動を行っていました。皆で会議し、講座を運営する中でお互いを認め合える仲間ができました。この活動のおかげで、大変だったこと苦しいこともりましたが、すごくやりがいがあり楽しかった思い出ができました。
受験生にメッセージをお願いします。
受験生の皆さん、いつも勉強お疲れ様です。今の私は、常に勉強を考えなければならなかった受験生の頃を思い出すと大変だったなあという思いになります。しかし、大変だったという思いだけでなく、あの頃あんなに頑張ったからここにいるんだという自信も同様に感じます。受験生の皆さんには、勉強が辛くて苦しいときには、自分が将来への一歩を掴み取るために今必死になっているんだと思ってもらえたらいいなと感じます。愛媛大学は第一志望ではありませんでしたが、来てみると本当にいい大学でした。先生のサポートも厚く、地域の人や大学での仲間もほんとにいい人たちと知り合うことができました。皆さんも縁があれば愛媛大学に来ていい大学生活を送ってほしいと思います。受験応援しています。
ページアップ
愛媛大学

ホーム

概要

学部紹介

大学院紹介

附属学校園

教育・研究活動

入学情報

受験生の方へ

地域・一般の方へ

教育関係者の方へ

在学生の方へ

卒業生・保護者の方へ

教職員向け情報(学内限定)

English

アクセス

お問い合わせ

愛媛大学