在学生に聞きました
学校教育教員養成課程
音楽教育
3回生
Kさん

一日のスケジュールは?
これは私の、ある月曜日のスケジュールです。この学期には月曜日に授業がなかったため、地域連携実習に行ったり、練習をたくさんしたりするようにしました。
地域連携実習は、毎週時間を固定して伺うことが多いです。ですが内容は、支援に入る学年や教科で全く違います。毎週わくわくする反面、どきどきもしていますが、小学校へ行くと、必ず元気をもらえますよ。
一週間の時間割は?
3回生前期はこのような時間割でした。
 
1限 トーンチャイム練習   鍵盤楽器Ⅲ    
2限 教育課程論 初等算数科教育法 初等社会   初等理科教育法
3限     初等音楽科教育法   指揮法
4限   音楽科教育法Ⅲ 初等図画工作科教育法 トーンチャイム練習 器楽アンサンブル
5限 邦楽 地域連携実習   トーンチャイム練習  
学年を重ねるにつれてだんだんと履修時間数は減っていきました。1回生のときには共通教育、2回生では教職の授業が中心でした。そして、特に共通教育は1限に入ることが多いので、みなさん寝坊しないようにしましょう。3回生はほとんどが自分の専門教科で、空きコマも増えたので、その時間は勉強や練習や地域連携実習をしています。
Q.キャンパス周辺の住環境は?
大学周辺には松山城も道後温泉も坊ちゃん列車もあります。観光スポットばっちりですね。さらに最近はセブンイレブンが急激に増えてきて、住環境はだんだんと良くなっていますよ。
Q.生活費はどれくらいですか?
私は実家暮らしなので、生活費はかかっていません。朝寝坊の心配もありません。
Q.大学生活で大変なことは?
ひとり暮らしの場合は、家事に苦戦することが多いようです。一方実家暮らしの学生は、通学に苦労していることが多いです。下宿生と違って大学の近くに自宅があるという訳ではないので、なかには電車で1時間以上かけて通学している友人もいます。実家生は、寒い冬の朝や、仲間内でのお食事の後などは特に、下宿生を羨ましがっています。
Q.アルバイトは?
塾講師を2年半ほどしていました。高校時代、自分が通っていた塾で、週に2~3日ほどで、曜日も時間帯も固定されていたので、予定は組みやすかったです。教科も、教えられるものを考慮してもらったので、無理なく続けられました。時給は塾によって様々ですが、比較的高いようです。特に、夏期講習などの時期は稼ぎ時です。人に教えるということは、教育学部生として、とても貴重な経験だと思うので、かなりおすすめです。 そのほかには、結婚式場で演奏のアルバイトをしています。こちらは週末に入ることが多く、やはり専門性の高い仕事だと、時給もよいようです。人前で演奏できる絶好の機会ですし、毎週幸せそうなご家族を見られて、こちらも幸せな気持ちになります。こちらも、とてもよい経験となっています。
Q.サークル活動は?
1,2回生の頃は、落語研究会に所属していました。学部を超えて、趣味の合う友達作りができました。また、30分ほど一人で正座しておしゃべりをする落語は、子どもたちの前で授業をするときの練習にもなったと思います。また、着物を着る機会が多かったので、着付けを覚えられたし、成人式の振袖も苦しくありませんでした。  2回生からは、サークルではないのですが、音楽専攻生の正課外活動であるトーンチャイムをしています。小中学校や病院での慰問演奏や、トーンチャイムを使った新たな授業実践の提案などを行っています。  サークル活動は、大学生活の醍醐味のひとつだと思うので、大学でしかできないことを探してみてください。
受験生にメッセージをお願いします。
私の生活は至って狭い世界のみで完結していますが、その狭い範囲にも、松山のよさは詰まっております。私は地元の人間ですが、大学へ来て、松山のよさを再確認できました。 みなさんにも、松山のよさを少しでも味わって頂ければ幸いです。是非、お越しくださいませ。
ページアップ
愛媛大学

ホーム

概要

学部紹介

大学院紹介

附属学校園

教育・研究活動

入学情報

受験生の方へ

地域・一般の方へ

教育関係者の方へ

在学生の方へ

卒業生・保護者の方へ

教職員向け情報(学内限定)

English

アクセス

お問い合わせ

愛媛大学