教育学部トップ
愛媛大学Home 教育学部Home リンク アクセスマップ サイトマップ English 文字サイズ、元に戻す 文字サイズ、小 文字サイズ、大
専修紹介 担当教員 教育内容 授業風景
専修紹介
社会科教育専修
社会科教育専修

問: 大学受験にあたって志望校をそろそろ選ぼうかと考えていますが、教育学部での社会科教育専修とは、どのようなことを目的 とした分野なのでしょうか?
答:  ご承知のように、小学校では社会科、中学校や高等学校で は、地理、歴史、公民という科目がありますね。簡単に申しまして、 そういう科目を教えることが出来る教員や、社会科教育の素養を基 盤に広く地域の発展の為に働いていこうとする人材を養成するのがこの 社会科教育専修の目的です。


問: それでは、高等学校の教科書と同じことを勉強するわけでしょうか?
答:  大学の教育プログラムは皆さんが高校までに受けてきた授業の編成とは大きく異なるものになります。 皆さん方が使ってこられた教科書は、複数の専門家が長い年月をかけて苦心して作り上げたものです。一つ一つの記述の背景には非常に多くの学問的な努力が注がれています。 教育現場の授業の中にも先生方の日頃のご研究の内容が反映されているわけです。また、小中高と発達段階に応じて社会への理解もそれぞれに応じた広さと深さが要求されますね。 大学での学習を通じて、実はこういうことだったのかという、深く広い理解が可能になります。

問: そうだとすると、この専修で学ぶ内容は基礎的な古典的なことで、常に変わらないものだっていうことでしょうか?
答:  ウーン、良い質問ですね。一般に、大学では、社会科学や人文科学や自然科学といった風に分類される沢山の専門学科がありますが、社会における人間の活動を理解する為には、そうした様々な学問分野の基礎を修得することがまず必要です。しかし、それだけでは、教育現場や地域社会や国際社会が投げかける現代的な複雑な諸問題などに十分にこたえることは出来ません。 現在の教育現場や社会の各分野では、21世紀の現代的な諸問題、新しい性格の問題群に機敏に対処できる資質をもった人材が切実に求められているわけです。ですから、社会科専修とはこうした能力を養う場でもなければなりませんし、実際にそういう要請に対処するように私たち教員スタッフは努めております。 たとえば、ネット情報をはじめとする先端的な教材を用いたり、新聞を用いた授業を試みたり、時事的な問題を調査するレポートを課したり、現地調査を行ったり、ディベートの手法による討論を組織したり、様々な大学教育の改革の取り組みを行っています。

問: 教員を中心に幅広い教養と柔軟な知的能力をもった人材の育成というところに結論がありそうですね。
答:  その通りです。先ほど述べました様に、この専修では、人文科学や社会科学の訓練を基礎に、社会的諸問題に対する洞察力・判断力・問題処理能力を高めてまいります。学生諸君はこの専修での学習を通して、ゆとりある社会や人間性を追求する創造性豊かな教員や社会の働き手に成長してゆくことを目指すわけです。 自由に学生生活を楽しむけれども、勉強の上での課題はしっかりやりとげる、それが社会科専修にいる学生諸君の雰囲気ですね。また、小教室での授業や演習が多いので、先生方から懇切な指導を受けることが可能ですし、学生諸君が非常に仲が良く、友情があついことも、特徴としてあげることが出来ると思いますよ。



担当教員
川岡 勉教授歴史学home
矢澤 知行教授歴史学home
森 貴子准教授歴史学home
張 貴民 教授地理学home
川瀬 久美子准教授地理学home
魁生 由美子准教授社会学home
松野尾 裕教授経済学home
鴛原 進 准教授社会科教育home
福田 喜彦准教授社会科教育home
壽 卓三教授哲学・倫理学home
中曽 久雄講師法学home


教育内容
◆ 特徴

 「本専修において開設されている科目は、中学校社会科および高等学校地理歴史科または公民科の免許状取得に必要な「教科に関する科目」,およびその関連科目からなっております。 必修科目としては4単位が設定されており,選択必修科目としては16単位が設定されています。

 社会科や地理歴史科,公民科の教科領域のバックボーンとなる,歴史学(日本史,東洋史,西洋史),地理学(人文地理,自然地理,地誌),法律学・政治学,社会学・経済学,哲学・倫理学,に関連する科目を受講することが出来ます。広領域にわたる授業科目が開かれてれていますので,学生の皆さんの目的意識や,社会に対する興味・関心に応じてある程度柔軟に履修が可能となるように編成されています。

 また,教職科目B(教育課程及び指導法に関する科目[各教科の指導法])として,社会科(地理歴史科)教育法T・U各2単位,社会科(公民科)教育法T・U各2単位が開設されています。 免許法上の単位とは無関・Wですが,科目区分の「その他」に「社会科研究演習」を設定しています。これは,異なる学年の皆さんとの演習であり,社会科教育専修で卒業研究を行う場合の入門となるものです。

 こうした科目を可能な限り受講することが望ましいという指導が行われています。



◆ 主な授業科目
第1学年 外国史W,地理学概説,社会科研究演習(〜3年)
第2学年 日本史T,日本地誌,政治学T,哲学T
第3学年 日本史特講,人文地理T,社会学U,倫理学U
第4学年 外国史V,自然地理V,経済学V,法学U

シラバス


授業・ゼミ風景
社会科教育専修
社会科教育専修
社会科教育専修
社会科教育専修
社会科教育専修
社会科教育専修


ページの先頭へ

愛媛大学HOME 愛媛大学 〒790-8577 愛媛県松山市文京町3番 愛媛大学教育学部
Ehime UniversityTEL:総務チーム (089) 927-9371 / 学務チーム (089) 927-9377
- Copyright (c) 2007 Faculty of Education All Rights Reserved. -