教育学部トップ
愛媛大学Home 教育学部Home リンク アクセスマップ サイトマップ English 文字サイズ、元に戻す 文字サイズ、小 文字サイズ、大
専修紹介 担当教員 教育内容 授業風景
専修紹介
数学教育専修
数学教育専修

 数学教育講座には、算数・数学の教師を目指す皆さんが集まっています。中学校・高等学校の数学の先生を目指している学生はもちろん、 小学校の先生を目指す学生も沢山います。特に最近は「理数離れ」などと言われ、算数や数学を苦手とする子どもたちが増えているとされます。 そんな中、「算数を分かりやすく授業できる先生」「分かりやすい数学の授業をする先生」が求められているのは言うまでもありません。 そのような教師を目指し、学生の皆さんは日々研鑽を積んでいます。

 数学教育講座は、代数学、幾何学、解析学、応用数学、数学教育学、の5つの分野から成り立っています。非常に簡単に言ってしまえば、 代数学とは文字式や方程式、幾何学とは図形、解析学とは関数や微積分、応用数学とは確率・統計など、が、それぞれの数学の専門分野です。 これら専門の数学をきちんと学ぶ一方で、「算数・数学を学ぶとはどういうことなのか」を科学的に考察する数学教育学の授業を並行して履修していきます。



担当教員
安部 利之教授代数学home
原本 博史講師代数学home
平田 浩一 教授幾何学home
観音 幸雄 教授解析学home
河村 泰之講師情報基礎科学home
藤本 義明 教授数学科教育home
吉村 直道准教授数学科教育home


教育内容
◆ 特徴

 「高校までに学んできた数学をもとに更に専門的な数学を学びますが、必ずしも全員が数学III・Cまで履修してきていないことを前提に、大学での数学をきちんと学ぶことのできるようカリキュラムを工夫しています。1年次では高校数学の復習から始まり、基礎解析や線形代数といった大学数学の初歩を学びます。2年次以降は、代数学、幾何学、解析学、応用数学、のそれぞれの専門領域の学習を深める一方で、数学教育学の授業を通して「算数・数学を学ぶこと」の目的・内容・方法・評価について見識を深めます。



◆ 主な授業科目
第1学年代数学概論、幾何学概論
第2学年解析学概論、統計学概論、数学科教育法
第3学年代数学、幾何学、解析学、応用数学、数学科教育法
第4学年数学教育演習、卒業研究

シラバス


授業・ゼミ風景


ページの先頭へ

愛媛大学HOME 愛媛大学 〒790-8577 愛媛県松山市文京町3番 愛媛大学教育学部
Ehime UniversityTEL:総務チーム (089) 927-9371 / 学務チーム (089) 927-9377
- Copyright (c) 2007 Faculty of Education All Rights Reserved. -