教育学部トップ
愛媛大学Home 教育学部Home リンク アクセスマップ サイトマップ English 文字サイズ、元に戻す 文字サイズ、小 文字サイズ、大
トップページ > 地域・一般の皆様へ > お知らせ > お知らせ(記事詳細)
お知らせ(記事詳細)
愛媛大学教育学部STEM教育に関する研究会のご案内
愛媛大学教育学部STEM教育に関する研究会のご案内
「理数教育の統合に向けての試み:STEM教育による理科・技術・数学の統合は可能か?」

 我が国において,理工系人材の養成は以前から重要視されており,近年ではイノベーション人材の養成という標語のもと,さらに様々な事業が推進されています。アメリカではSTEM教育(Science,Technology,Engineering and Mathematics)が次世代人材養成の柱として,巨額の教育予算で支援されています。日本においてもSTEM教育に関する教材開発や実践事例の報告が増加しているところです。
 愛媛大学教育学部は来年度改組し,理科・数学・技術が1つの系として教育活動を充実していく予定です。そこで,アメリカの理科カリキュラム研究の第一人者である丹沢哲郎先生(静岡大学教育学部)をお迎えして,下記の通り研究会を実施いたします。これからの科学教育の未来につながる討論ができると考えます。
 万障お繰り合わせの上,ご参加いただきますようお願い申し上げます。


日 時:2015年10月10日(土)15:00〜17:00
場 所:愛媛大学教育学部2号館2階理科共同学生実験室2(松山市文京町3番)
参加費:無 料
題 目:理数教育の統合に向けての試み:STEM教育による理科・技術・数学の統合は可能か?
内 容:1.アメリカにおいてSTEM教育が導入された経緯(NGSSとの関連も含めて)
    2.OECD/PISAにおけるキーコンピテンシーに求められる資質・能力
    3.STEMとSTS(Science,Technology and Society)の関係 
    4.科学と技術の問題解決の違い
    5.BSCS(Biological Sciences Curriculum Study)におけるSTEMの取り組み
    6.統合的STEM授業の可能性
講 師:静岡大学教育学部教授 丹沢哲郎先生
主 催:愛媛大学教育学部理科教育講座・数学教育講座・技術教育講座
 本研究会は愛媛大学教育改革促進事業(愛大GP)の支援により開催しております。

 本研究会終了後に丹沢哲郎先生をお迎えして懇親会を開催いたします。懇親会への参加希望の方は研究会申し込みの際にご連絡ください。
 準備の都合上,申し込み締め切りを10月2日(金)とさせていただきます。


参加申込と問い合わせ:向 平和
           〒790-8577 松山市文京町3番 愛媛大学教育学部理科教育講座
           TEL/FAX:089-927-9440 E-mail:sci_ed@ed.ehime-u.ac.jp


ページの先頭へ

愛媛大学HOME 愛媛大学 〒790-8577 愛媛県松山市文京町3番 愛媛大学教育学部
Ehime UniversityTEL:総務チーム (089) 927-9371 / 学務チーム (089) 927-9377
- Copyright (c) 2007 Faculty of Education All Rights Reserved. -