教育学部トップ
愛媛大学Home 教育学部Home リンク アクセスマップ サイトマップ English 文字サイズ、元に戻す 文字サイズ、小 文字サイズ、大
トップページ > 地域・一般の皆様へ > 最近の出来事 > 最近の出来事(記事詳細)
最近の出来事(記事詳細)
国立研究開発法人科学技術振興機構の次世代科学者育成プログラムメニューBに愛媛大学が採択されました
国立研究開発法人科学技術振興機構の次世代科学者育成プログラムは,理数分野に関して高い意欲・能力を有する児童・生徒を対象に,大学等が実施する体系的教育プログラムの開発・実施等の取組みを支援する事業です。児童・生徒の才能を伸長させ,高い課題探究能力を備えた科学者の卵を育成することを目的としています。
 平成23年8月19日に閣議決定された第4期科学技術基本計画において,日本が世界最高水準の科学技術を維持するために,次代を担う科学者を育成していく必要が謳われました。そのため,中等教育段階から理科への関心を高め,理科好きの子どもの裾野を拡大し,優れた素質を持つ生徒の才能を伸ばすための事業を推進していくことが期待されています。
 採択されたメニューBは,中学生を対象とした事業で,本学は平成25年度から3年連続での採択になります。3年連続での採択は,全国で2例目の極めて希少性の高い事業です。本学での事業名は「科学イノベーション挑戦講座」であり,松山市教育委員会,松山市中学校理科主任会と協働して実施しています。平成27年度は,理科を得意とする高校生との協働を予定しています。また,多くの企業や研究所の支援を受け,子どもたちに科学と生活,理論と実践,科学のもつ社会的役割について検討していく予定です。平成27年度は1期3年の総仕上げであり,また2期目に向かう飛躍の年でもあります。松山,愛媛から世界に羽ばたく科学者を育成するために大学と地域で,人材の育成をしていきます。

人材育成に関する詳細は,以下の著書に記載されています。
Sumida, M., & Ohashi, A. (2015). Chemistry Education for Gifted Learners. In Javier, G. & Elena, S. (Eds.) Chemistry Education : Best Practices, Opportunities and Trends, pp. 469-487, Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA.


ページの先頭へ

愛媛大学HOME 愛媛大学 〒790-8577 愛媛県松山市文京町3番 愛媛大学教育学部
Ehime UniversityTEL:総務チーム (089) 927-9371 / 学務チーム (089) 927-9377
- Copyright (c) 2007 Faculty of Education All Rights Reserved. -