教育学部トップ
愛媛大学Home 教育学部Home リンク アクセスマップ サイトマップ English 文字サイズ、元に戻す 文字サイズ、小 文字サイズ、大
トップページ > 受験生の皆様へ > 卒業生からのメッセージ
卒業生からのメッセージ
金融関係 豊田 真澄さん

県内の銀行に勤務しています。学生時代はそれほどまじめではなく、先生方にはたくさんご迷惑をおかけしたとは思いますが、 それでも教育学部のあのムード、あの熱気が、勉強嫌いだった私を押し上げてくれて、いまとなっては感謝ばかりです。 高校生のみなさん、愛媛大学の教育学部でぜひ自分の可能性を見つけてください。


高校教諭(理科) 小原 秀雄さん

現在、私は愛媛県立今治西高等学校に勤務しています。担当科目は化学T、化学U、生物T、生物Uです。 大学での経験を生かし、授業中は実物や自然現象に触れる機会をできるだけ多く用意することを心懸けています。 部活動は女子バレー部、校務分掌は主に進路課です。まだまだ毎日が勉強という状況ですが、教えることのおもしろさや 難しさを肌で感じ充実した日々を送っています。


ページの先頭へ

小学校教諭 長崎 弘樹さん

はじめまして。愛媛県内の小学校に勤めている長崎弘樹です。愛媛大学教育学部には、教育現場のお手伝いをしながら 教師としての力量を高めることのできる「ふれあい実習」というカリキュラムがあります。私の場合、小学校で子どもたちの 学習の支援をして、自分の学びにつなげていきました。その経験は、教師として・フ自分の原点であり、一生忘れられない思い出です。


幼稚園教諭 三好 くみこさん

私は今、きらきらとした子どもたちの笑顔に囲まれて、幼稚園での充実した生活を送っています。もちろん楽しいことばかりではなく、 学生の時には実感できなかった子どもを教育することの難しさや責任の重さに直面しながら日々奮闘しています。 それでも大好きな子どもたちがいるから頑張れるのだと思います。いつまでも子どものことを第一に考える教師であり続けたいと思います。


小学校教諭 柏原 永知さん

技術教育専修の良い点は、木材・金属などを使ったものづくりの技能が習得できる点と情報機器の知識・技能の習得ができる点が 挙げられます。ものづくりができることで立体的な教材の製作ができ、子どもたちに喜ばれ、また、教師としての人間性の幅がひろがります。 また、学校の授業や教育関係の仕事で情報機器が多く用いられています。これらの操作を技術専修で学ぶことで、教員仲間や児童生徒に 尊敬される存在になれます。


ページの先頭へ

特別支援学校教諭 日野 信彦さん

私は、障害児教育を学んでいく上で、一回生から四回生まで、多くの現場で経験を積むことを目標に特殊学級や養護学校の授業に 参加してきました。実習を通して、子どものもつ素晴らしい力に気づいたり、生きた学級経営を学んだりしてきました。 実習の中で、出てきた疑問は授業の中で解決、理解するようにしました。経験を通して学ぶことにより、自分なりの教育観を 作り上げることができたと思います。


マスコミ関係 高瀬 雅子さん

くだらないことで一緒に笑える友達や、つい頼りたくなる先生や、いつまでも離れたくない校舎が、大学生にもなって得られるなんて、 愛に溢れた愛大だからだったと・vう。体育の勉強がしたいと思い入学してきた私は、人と繋がることの温かさまで学ばせてもらった気がする。 後輩たちへ。愛大で学ぶことは、教科書には載ってないよ!



ページの先頭へ

愛媛大学HOME 愛媛大学 〒790-8577 愛媛県松山市文京町3番 愛媛大学教育学部
Ehime UniversityTEL:総務チーム (089) 927-9371 / 学務チーム (089) 927-9377
- Copyright (c) 2007 Faculty of Education All Rights Reserved. -