貼り合わせから凸多面体を作る、展開図を作る


用意する物

 ハサミ、ナイフ、セロハンテープ、フェルトペン、竹串


課題を印刷

 課題の図形を印刷します。
  1. 用紙に多角形を書く
  2. 貼り合わせに従い貼り合わせる箇所に印をつける
    (サンプルPDFファイルの場合は印刷します)

サンプル用 PDF ファイルを表示
多角形を切り抜く

 多角形をハサミで切り抜きます。


辺をテープで貼る

 貼り合わせの印に従って、辺と辺をテープで一つずつ貼っていきます。
  1. 貼り合わせる辺と辺(サンプルPDFの場合は、(A)と(A)、(B)と(B)、...)をテープで貼っていきます。
  2. 貼る順番は特に指定はありません。貼りやすい順に貼って下さい。
  3. 徐々に多面体らしくなってきますが、この段階では紙に「折り目」を入れないように気をつけて下さい。

 全部の辺を貼り終えたところ。凸多面体になっているでしょうか。


折り目をつける

 次に、竹串を使って折り目をつけます。
  1. 多面体の1つの頂点の横のすき間から竹串を入れ、凸多面体の「辺 (稜)」となる部分に竹串を渡す。
  2. 竹串の上から指で紙を押さえ「折り目」をつける。

 これで、凸多面体ができあがりました。


展開図をつくる

 できあがった凸多面体の展開図をつくります。

  1. フェルトペンで凸多面体の全ての「辺 (稜)」に線を引く。(テープが貼られている所は、ハサミで切り離しますので、線を引かなくてもよい。)

  1. テープを貼ったところをハサミやナイフで切り離します。

 これで展開図が求まりました。
Koichi Hirata