愛媛大学代数セミナー

次回以降の講演予定

  • 第56回 : 2018年8月28日(火) 16:30--17:30
    (いつもと曜日が異なりますのでご注意ください)
  • 場所 : 愛媛大学理学部2号館2階 大演習室(201)
    (通常の代数セミナーと部屋が異なりますのでご注意ください)
  • 講演者 : 田口 雄一郎 (東京工業大学)
  • 題目 : ほどほどに大きい代数体上の Mordell-Weil群
  • 概要 : 体 K 上のアーベル多様体 A の Mordell-Weil群 A(K) は、 K が素体上有限生成な体ならば有限生成である事がよく知られてゐる(Mordell-Weil の定理)。一方、例へば K が有理数体 Q の時、A(Q^ab) は無限階数であらうと予想されてをり(Frey-Jarden の予想)、これについて幾つかの結果が知られてゐる。この場合の「無限階数」とは「tensor Q したものが無限次元」 の意味であるが、今回は「K が大き過ぎなければ A(K) や A(K)/(torsion) は可除部分群を含まない」といふ方向の結果を紹介する。(小関祥康氏との共同研究)